物流システム


物流情報システムの活用

情報システム面からも
物流をしっかりサポート

これまでに構築してきた物流情報システムを活用することにより、新たなシステムの構築が不要(連携等の最低限のコストでご利用可能)。長年の運用実績があり、新たに構築するよりもシステムに起因するトラブルが少ない。
大手量販店様などの特別仕様への対応も装備されており、大手量販店様ごとにシステムを構築する必要がありません。
これまでにグループ企業及びグループ外の物流情報システムを企画・設計してきたノウハウ及び資産を活かして受発注システム、保管・在庫管理システム、輸配送システム、荷役システム、検品システム、活動基準原価計算システムなどサブ機能ごとにパッケージ化し各情報システムサービスとしてもご提供しております。

コイズミ物流のシステム

WMS(倉庫管理システム)

グループ企業およびグループ外企業様で培った
長年の倉庫管理ノウハウを詰込んだWMSを構築

ご利用いただくことで、効率的な作業を実現。新たにWMSを構築するコストもかかりません(標準仕様の場合)。
また、ニーズによっては、必要機能だけでの機能単体使用も可能。
物流業界共通の入荷、保管、出荷の機能はもとより市販のWMSにはない業界特有(家電、家具、電設資材)の仕様も標準機能として装備しております。

WMS(倉庫管理システム)

TMS(輸送管理システム)

TMS(輸送管理システム)

その他システム

クロスドック仕分け作業システム

保管を必要としないトランスファーセンター機能部分をWMSから機能を独立派生したシステム。
入荷した貨物を配送ルート先別に仕分けし、クロスドックさせるシステム。

積込検品システム

積込時の積み忘れを防ぐための検品システム。WMSから機能を独立派生し、検品システムのみを手軽に使用できるようにしたシステム。

ABMS(活動基準原価管理システム)

アクティビティ(ピッキング作業、検品作業などの活動)単位で工数を算出するシステムを構築し、これまでわからなかったアクティビティ単位でのコストを定量的に見える化し、効果的な改善活動へと利用できます。