仕入先様サービス

サービス内容

  • 小泉産業グループ・小泉成器を
    販売先としている荷主様へのご提案
  • 弊社倉庫へ直接持込んで頂く事で
    輸送コストの削減と物流品質の向上
  • 発注があり次第倉庫内で在庫移管を行なう為
    少ロットの発注にもコストアップ無しで対応

サービス全体像

  • 直送又は大ロットでの持込による
    輸送コストの削減

    ①直接小泉成器㈱保管倉庫へ持込む事で、現在の委託倉庫を経由しない分、荷役コスト・輸送コストの削減が図れます。
    ②現在の委託倉庫を経由する場合でも中・小型貸切便や特積み便を利用している場合は大型車へ変更する事で輸送コストを
     削減。
    ※持込んで頂いた貴社製品は貴社在庫として保管し、小泉成器㈱より発注があり次第、倉庫内で在庫移管を行なう。

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.直送の場合

    サービスの全体像

    図3.現在の委託倉庫経由であるが配送ロットを大きくする場合

    サービスの全体像

  • 配送ロット調整にかかわる
    調整事務作業コストの削減

    トラックの貸切便単位になる様に発注数量を前倒し依頼を実施したり、また納品日の調整等が発生している場合、それらの調整事務作業コストが削減できる。

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.直送の場合

    サービスの全体像

    図3.現在の委託倉庫経由であるが配送ロットを大きくする場合

    サービスの全体像

  • 箱交換作業の実施による輸送コストの削減

    小泉成器㈱倉庫と同じ倉庫で箱交換作業実施する事で、返品・再出荷輸送コストの削減が可能。

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.弊社倉庫に貴社在庫がある場合

    サービスの全体像

  • 品質、サービス向上の効果

    ①タッチ回数(荷扱の回数)を減らす事で製品へのダメージを減らせる。(前頁図1.の場合)⇒外装損傷リスク軽減。

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.直送の場合

    サービスの全体像

    ②輸送コストを上げずに小ロット単位での出荷対応可能。

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.小泉成器倉庫に貴社在庫がある場合

    サービスの全体像

    ③輸送困難時でも納期厳守可能(災害、事故、渋滞、繁忙期の配車不可などによる輸送困難時)。

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.小泉成器倉庫に貴社在庫がある場合

    サービスの全体像

  • 小泉成器㈱以外の得意先様への
    物流について

    上記1〜4については小泉成器㈱への納品に関してのみ発生するメリットですが他の得意先様への納品に関しても下記の貢献が可能です。

    ①小泉成器㈱グループ、小泉産業グループ又コイズミ物流にて取扱のグループ外荷主様のお届け先と貴社届け先が同じ場合、共同
     配送活用による配送コスト削減。
     ※現在特別積み合わせ便(旧路線便)を利用している場合は貸切便(共配便)利用によるコスト削減、品質の向上にも繋がる
     可能性有り。
    ②小泉成器グループ、小泉産業グループの物量を背景にした輸送会社等への料金交渉による物流仕入コストの低減の可能性有り。
    ③これまでのコイズミ物流にて培ったノウハウによる物流コスト削減・品質向上
     例①倉庫管理システムの活用(入出荷データ連携による品質の高い荷役作業、ハンディーターミナルによるペーパーレス、
       輸送トレース管理など)
      ②ABC(活動基準原価計算)管理ツールによるアクティビティ単位での作業負荷見える化
      ③繁忙期の集車ネットワーク活用
      ④継続的改善取組、改善提案など

    図1.現状

    サービスの全体像

    図2.同じ倉庫の場合

    サービスの全体像

サービスによる効果

コイズミ物流のサービスラインで
コストの削減を

直接弊社倉庫へ持込頂く事で、現在ご利用の倉庫を経由しない分、輸送コストの削減が図れます。現在ご利用の倉庫を経由する場合でも少ロットの発注に対して中型、小型貸切便や特別積み合わせ便をご利用している場合は大型車へ変更する事で輸送コストの削減が図れます。入荷時の外装箱不良などが発生した際は、弊社にて外装箱の取替えフォローを実施する事で返品再発送コストの削減が図れます。

コイズミ物流のサービスラインで
品質の向上を

これまでのコイズミ物流にて培ったノウハウによる物流コスト削減・品質向上

【例】

  • ①倉庫管理システムの活用(入出荷データ連携による品質の高い荷役作業、ハンディターミナルによるペーパーレス、輸送トレース管理など)
  • ②ABC(活動基準原価計算)管理ツールによるアクティビティ単位での作業負荷見える化
  • ③繁忙期の集車ネットワーク活用
  • ④継続的改善取組、改善提案など